グプタ/Centuraからのレガシーマイグレーション

90年代を渡ってグプタのツールはアップリケーション開発の一番でした。もう疾っくにグプタはブラウザーテクノロジーと.Netフレームワークのような近代的なプラットフォームに追い越されました。それに従って、グプタに基づいたアップリケーションはどういう風に持続可能にするのかという質問が現れます。グプタを使いアップリケーションを近代してみるのは長期的に支持しがたく、新開発もリスクで、高いです。

均一料金マイグレーション

フェッハーのモデルは「ポーティングプロジェクト」です!グプタのアップリケーションを試験済みのプロセスを使い、.Netフレームワークに移行します。

このプロセスの特徴は速さ安さ均一料金です。

お客様は近代のアーキテクチャーと外観の標準に適した.Netアップリケションをもらいます。そのアップリケーションをSOAのフレームワーク、またはウェブアップリケーションへ改良できるような基盤となります。

世界中にフェッハーは150以上のグプタアップリケーションやデータベースなど.Netに移行しました。米国のIce Tea GroupのツールでSALコードの自動的にできるマイグレーションは今のマーケットで唯一です。プロジェクト中全部の確定のためにお客様の貴重なご意見とご相談を活かします。ご希望向きはお客様のグプタプログラッマーの新しい.Netの環境での第一歩を支えるオプションを提供します。

使用範囲

グプタアップリケーションのポーテーションで使用範囲が基本的に三つあります:まず最初にアップリケーション自身とそのGUI、次にそれと伴っているレポート、最後にアップリケーションのデータベースです。

アップリケーションについて

ポーテーションというのは原書のアップリケーションの全機能とプロセスを完全に新しいフレームワークに移行することです。更に移行したアップリケーションは前のグプタに基づいたアップリケーションと同じように使われるべきです。プログラッマーはそこまでのアップリケション構成を見おぼえたり、問題なし維持したりできたいのは当然なのです。それに従ってIce Porterのポーテーションツールは機能的で完全に同等なアップリケションを結果として生み出すだけではなく、新しいUIは前のユーザーインタフェースを模写します。でもリーデザインのオプションもあって、例えばスキン、あるいはタッブ付きMDIなどあります。リボンバーやナビゲーションバーやテーブル機能など他のアドオンは直ちに開発のために用意できます。

レポートについて

メーカーとプロバイダーとクライエントはニーズ合わせのカスタマイズされたレポートをよく使い、お客様もグプタアップリケションのレポートの開発にかなりの労力を費やした場合が多いです。レポートも自動的に移植されているので、ポーティングプロジェクトを通してレポートの両方のタイプは保っています。IcePorterのツールは様々なターゲットシステムも支えます:

  • Crystal Reports
  • List & Label
  • Stimulsoft Reports
  • Reporting Services

それに従ってお客様は一つのテクノロジーに限らず、自分の機能的なニーズとライセンスモデルによって選択できます。

データベースについて

データベース変更は理論的に簡単はずです。SQLの標準化のおかげでアップリケションは任意の新しいデータベースプラットフォームで繋ぐことができるわげ。。。だが、実地に違います。造作ないの移行は製造企業の標準と非対応やデータベーストリガとストアドプロシージャためのプロプライタリ言語、またはSQLの様々なバリエーションのせいで難しくなるわけです。

sqlPORTERサービスとsqlTRANSLATORというミドルウェアでマイグレションはSQLの発明者の思考通りに便利で簡単になります。

プロジェクトの流れとプランニング

フェッハーのポーテーションプロジェクトはいつも試験済みのプロセスに沿い、サービス程度はお客様のお好みに合わせできます。完全ポーテーションの場合でプロジェクト完結としてターンキーのアップリケションを提供します。協力的ポーテーションの場合でお客様の資料、人材を活かし、料金を一層減らすこよになっています。その場合で自社内開発者に自動的なポーテーション後で直ぐにコンパイルできるコードを直接に受け渡し、フェッハーのスペシャリストはトレーニングとサポートを通してお客様の開発者を支えます。

ポーテーションプロセスはフェーズが三つあります。評価フェーズでお客様のポーテーションに関するお望みや必要時を承ります。その後でポーテーションフェーズでプロジェクトが実に始まります。テストフェーズに伴って、結局これから簡単にVBで改正できたり、.Netに移行したアップリケションを提供します。

評価のフェーズ

フェズ 1 - 説明会・プレゼンテーション

開発事例のプレゼンテーションでポーティングプロジェクトの流れを示します。お客様のご質問など面会で、あるいはオンラインプレゼンテーションで答えます。それにマイグレションのオプション、技術選択、またはグプタの将来に関する相談を持ち掛けられます。

フェズ 2 - 最初の分析

Item Counterというツールでコードの規模と特徴を計り、詳しい分析の比較したら10-15%以内の格差だけがある最初の分析を通してプロジェクトの必要な支出と時間の消費を評価できます。最初の分析は無料サービスです!

フェズ 3 - 詳しい分析

アップリケションモジュールとレポートを精密に検査します。詳しい分析はコードの規模とアップリケションの複雑性によって時間がかかりますが、平均的に一週間以内です。その後お客様は結果分析レポート、スケジュールと均一料金オファーを提供されています。

ポーテーションフェーズ

フェズ 4 - プロジェクト設定

分析の結果を元にしてポーテーションプロジェクトを設定します。お客様と一緒にスケジュールをきっちりと決めたり、アップリケションのターゲット構成を定義したりして、それからの歩みが明らかになります。

フェズ 5 - コードー作成

Ice Porterツールを使い、アップリケションのモジュールとレポートを順々に移行します。このプロセスはコードを完全に翻訳できるため、成功率をより高くするように何回も繰り返します。必要ならば、前にSALコードをやや加筆して、あるいはIce Porterツールをメーカにカスタマイズさせてもらいます。斯くてほとんどいられない情報までも簡単に翻訳できます。作成した.Netコードをコンパイルできるために手動に校閲します。

フェズ 6 - プロジェクト終了

自動的に移行できなかったコードの部分は完全ポーテーションの場合でフェッハーのスペシャリストに、協力的ポーテーションの場合でお客様の開発者に実装されています。その時もお客様はマスクとダイアローグボックスとレポートの機能性を確認できます。

テストフェーズと開発チャンス

フェズ 7 - テスティング

ポーテーションモデルによって(完全ポーテション・協力的ポーテーション)エッラーやバグの問題はフェッハーに、あるいはお客様と協居力しながら説かれています。テスティングは時代払いモデルに従います。

フェズ 8 - トレーニング

お客様の開発者にPorting Projectのフレームワークと移行したアップリケションを細かく紹介します。このように改正へ目指すことができる基盤を得ることになります。それ以外サポート契約と.Netノウハウのゼミナーも提供しています。

フェズ 9 - 開発の可能性

開発か改正かどうかどちらの場合でもフェッハーはあなたを支えたいです!これから.Net環境で開発したり、アップリケションインタフェースとデータベースを改正したりしたいなら、フェッハーのコンサルティングに頼っていただいて、お任せください! 

Ralf Heinze from DATAGROUP trusts in Application Modernization by fecher

これから何年もサポートを保障できます!サービス産業の会社としてこの変化は確かに解き放された感じでした。“

Ralf Heinze, 行政の製品とプロジェクト係長
DATAGROUP
お取引先のリストへ
Walter Greiner from Herrmann GmbH & Co. KG trusts in Application Modernization by fecher

新アップリケーションのコードを一瞥したとたん私どものエンジニアがその結果を基づいて自分でアップリケーションのデザインを設計できました。“

Walter Greiner
Herrmann 有限合資会社
お取引先のリストへ
Markus Neumayr from Ramsauer & Stürmer Software trusts in Application Modernization by fecher

全部を捨ててしまう代わりに、ポーテーションを通してよい点が存置できて、足りない点がフェッハーのソリュションで付け加えられました。“

Markus Neumayr, 管理者
Ramsauer & Stürmer ソフトウェア
お取引先のリストへ